言葉のユートピア

私ヤス王(小学校の時に作ったネガティブ漫画のキャラクター名)が、いろんなことを書きたい。残したい。笑わせたい。吟味したい。感動させたい。カンボジアの隣はタイ。という思いからできたのが本ブログです。ユートピアはギリシア語で「どこにもない場所」の意味。その地上の何処にもにない場所に言葉にのって行けるように日々、綴ります。

名前:
場所: Japan

大学四年生、文学部。

3/31/2006

労苦を握りしめて

なんだか最近の精神系はすこし現世利益すぎやしないか?

なにかに祈ることはもちろん大切だけれど、

祈るだけでは解決できないこともあるだろう。

苦しみのなかであえてもがいて、努力もしなければ。

祈るしかない苦難と、努力で立ち向かうべき苦難とがあるはずだと思う。

忙しくて忘れかけていたのでまたまた自戒しなければ。



人間の価値を決めるのは、真理を所有することではなく、真理に到達しようとする誠実な努力である。

……所有は人を怠惰にし傲慢にする。

もし神が右手にいっさいの真理を握り、左手にただ一つ、真理への活溌な探求心を握って、わたしに『選べ』といったなら、

私は謙遜に神のその左手にすがっていうだろう。

『父よ、これをください。
純粋な真理はただあなただけがしろしめし給うものですから』と。


(手塚富雄『ドイツ文学案内』1963 P54 レッシングの言葉)

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home