言葉のユートピア

私ヤス王(小学校の時に作ったネガティブ漫画のキャラクター名)が、いろんなことを書きたい。残したい。笑わせたい。吟味したい。感動させたい。カンボジアの隣はタイ。という思いからできたのが本ブログです。ユートピアはギリシア語で「どこにもない場所」の意味。その地上の何処にもにない場所に言葉にのって行けるように日々、綴ります。

名前:
場所: Japan

大学四年生、文学部。

10/31/2005

ばいばい。

さて、mixiなんて言うものがやって参りまして、
そちらに引っ越そうかと。
ただ、これコミュニティ?に招待しないと、閲覧すらできないのかな。

元々誰もみてないんだから、これでいいかな。
たまにこっちにも書こうかな。
でも書くほどの内容も思想もないし。
いじいじ。
とりあえず、向こうに行ってみます。

といった瞬間もどってきました。
改行すらままならない日記なんてあり得ない。

10/29/2005

少しアフォリズム。

本当の悪人も、本当の善人もいない。
その間をとまどいながら揺られている人がいるだけだ。

最高に幸福で同時に最大に不幸な私を発見してたじろく私がいる。

10/20/2005

メイド喫茶で・・・

みやげを買ったら、
冥土の土産。
漢字にすると土も二個!
P.S.きりーつ。れい。チャイコフスキー(着席)。と楽太郎(紫)が言ってた。

10/19/2005

ブログでブログ批判(自己批判?)

 をしている人が少ないことに驚きです。
本来ブロッグって気持ち悪くないか?
と私なんかは思っちゃってます。
私は気持ち悪いこと覚悟で書いているんですが。
 ブログやっている人はもう、めちゃくちゃ多いらしい。
世界で億を超えてるらしい。
 私含めてみんな自分にすごく興味があるのかな。
このページは誰が見てるか知らないけれど
取るに足らないことばかり、並べているだけですよ。
そんな人が世界に億もいると思うと、ぞっとします。
 みんな、自分の居場所とかが多少不安定になったときこういうの始めるのかな。
で、他人のページは見ず、自分のページに凝ったり。
 少し怖いな。
おれおれおれおれおれおれ。
って世界中で言ってるわけでしょ。
取るに足らない私なのに。

 ただ、人間っていうのは突き詰めてしまうと、
「一にして全、全にして一」
ということらしいので、個性的な人なんていうのは一人もいなくて
どの人もみんな優秀で、凡庸で、有徳で、愚鈍なんだと。
 そういう視点で私達を見ている「何か」が根源にいるんだと思うと
こうやってブログがは流行るのも何かあるかな。隠された意図みたいのが。
 と思ったりするのです。
結局、良いのか悪いのか。なんてわからない。
 でも、他の人と繋がるためにこういうツールはあるんだろうから
自分だけに興味を持って生きているというのは少し寂しい気もします。
だから何。っていうと、ひと言、
 最近気持ち悪い人多いね。
特に私とか。(笑えない笑)
 
ところで、今日は、気の良い奴らと飲みました。

10/18/2005

5時に夢中

 知ってますか。東京MXテレビ。の総合ニュース番組
「5時に夢中」
もう、題名からしてすごいよ。
5時に夢中って。
テレビとか話題とかニュースに夢中になるならわかるけど、
5時に夢中って。
すごい。時間フェチ?
「よっしゃー、念願の5時だ!」とか。(笑)
その内容もすばらしい。
夕刊チェックで東スポの夕刊?をばっちりチェックしたり。
出演者に富田たかしや岩井志麻子が・・・。

 今日なんか、特集で荒川遊園地にいって、
「ゆるいですね。」とコメントを残したり。
副園長に突撃インタビュー!(←なぜ園長にきかないの)

 もう、空気がニュースじゃないぞ。
まさかこ、これがねらいか。この空気、違和感。

 結局5時に夢中に夢中な私でした。
http://www.mxtv.co.jp/goji/index.html

10/17/2005

よく飲んだ!

寝てる後輩に味塩こしょうを100グラムふった。
うなじにこんもり。
うーん、
こんがり焼けるかな。
ルンルン(笑)

なんか同輩に怒られた。
「やりすぎ。」
いつものことなのにー。
残念。
面白いのになー。(笑)

10/15/2005

覚悟。

 人から見たらどんな小さなことだとしても、
覚悟しなければ動けなくなってしまう。
今週は、授業にも出ず、ほとんど家に引きこもっていた。
何が大切で、何が大切でないのか、しっかりと考えた。
いろいろな悩みの種があって、いろいろと考えていたので
気分がころころ変わった。
躁鬱がくり返して、自分でも驚いた。
本も読めなくなって、ご飯も食べられなくなって
このまま死ぬのもいいのかな。とか考えてみた。

 中学生の時、僕は文章を書く人になりたかった。
わけても、詩人になりたかった。
詩人は世界に花を蒔く人だと思っていた。
貧しくとも、花を蒔く人。
世阿弥のいう「花」という意味で。

 大学に入ってから詩人を研究していたら、
ホラーティウスという古代の人に出会った。
この人の主張は一言にまとめると、
「面白くてためになることを書け。
インスピレーションがない者は文を書くな。
残すのが無駄だから。」
というようなものだった。

 私は教師も一緒じゃないかと思った。
「面白くてためになることを言え、
ひらめきがない授業をするな。
聴くのが無駄だから。」

教師と詩人はわりと近いような気がしている。
直観的にそう思うので、なかなか理由が思いつかないけれど。
国語なら言葉を愛しながら花を蒔けると私は思った。
不安で少し揺らいでしまったけれど、
今、覚悟した。

10/10/2005

ちいさな魂のために

幾人がここで酒を飲んだのか。
幾人がここでたばこを吸ったのか。
幾人がここで夢を語り、希望を語り、未来を語ったことか。

そこであなたは何をみていたのだろう。

私はそこで冷たい、不味いビールを飲み、
私はそこで空気を胸に込め、吐き、
私はそこで、戯れ言を繰り返した。

そのときあなたは何を思っていたのだろう。

あなたが与えた喜びは
いったい
なんだろう。

あなたが示した道は
いったい
どこだろう。

私にはわからない。

ただ、
私にわかることは、
あなたがそこにいたことと、
あなたはここにいないこと。

そして、
いつの日か私もここからいなくなったら、
あなたのことがわかるかもしれない。

そのとき喜びや悲しみはきっと消え、
彼方から、
崇高で、
同時に
残忍な感情がきっとやってくる。

この世界で
起きたこと
起きなかったこと

それらを全て
愛し
同時に
憎むことができるような、
そんな気持ちがやってきたとき
あなたは私を抱きとめ、
同時に突き放すだろう。

私もあなたを抱きとめ、
同時に突き放すことができるように

今、ちいさな魂のために、

しずかにいのる。

10/08/2005

中途半端に必要とされるということ

 教員試験の結果が出た。
補欠合格だった。
働ける見込みはほとんどない。
あれほど時間と心をすり減らしたのに、
結果がこれだ。
手ごたえがなかったから、仕方がないのだけど。

 また今回も中途半端に必要とされてしまった。
父にも、母にも、教師にも友人にも、つきあっていた人にも、
いつも、僕は中途半端に必要とされている。
きちんと一人の人間として、必要とされているのではなく、
都合のいいところだけ必要とされるのだ。
最近、「友達になれないなんて不便だね。」
と、言われたことがある。
不便だね。か。仕方がないけど寂しいな。
あわてんぼうのサンタクロースの歌詞で、
「仕方がないから踊ったよ。」ってあるのが、
最近分かってきた。
昔はシュールだなと思って笑っていたのに。
 さんざん人について言ったけれど、結局僕も、
中途半端に他者を必要としているのだ。

例えば、
僕が大切にできるのは
僕の手のひらにのるものだけだとして、
それは全体からみたらほんの一部にすぎないんだ。
僕が世界のなかで未熟で小さな断片に過ぎないのと似ていて。

Es irrt der Mensch so lang er strebt.(Faust Z.317)
(求めつづけている限り 人間は踏み迷うものだ。(柴田翔訳))
嫌なことがあると、いつもこの言葉に対峙してしまう。
こういうとき、心の底から古典は偉大だと感じる。
P.S.ハリウッドってUSJのパクリやろ。(by親しくない知り合い)

10/07/2005

うーん。

アカウント取っていただかないと書き込みができないんだ、
このブログ。
発言なんて自由でいいのに。
人を傷つけようが傷つけまいが。
そのくらいの強さをもって言葉に接したいものです。
ちょっと、何とかならないの。
ならないよね。
どうしよう。
早くも閉鎖するか。(笑)

今日は一日遊びました。
スロット打ちました。
お金賭けました。
たばこ吸いました。
お酒のみました。
という感じで。
大人になるっていうことは、
しなくてもいいことをするようになるということなんでしょうか。
それが遊びの本質なんでしょうが。
サンクチュアリみたいになってきたぞ。

P.S.同情するなら牛をくれ!(by吉野屋)

10/04/2005

三日坊主

 ラルゴさん、書き込めるみたいだよ。たぶん。
今日は内定式に出て、
いろいろ偉い方のお話をきいてきた。
さすが、偉い方は偉いことをおっしゃる。
私も偉くなったら偉いことを言うのだろう。
「賢明さは似ていて、愚劣さは多様にある。
賢者は皆同じことを言う。
それは彼らが真実らしき物をつかんでいるからだ。」
という内容を私の愛する文筆者は言う。
まさにその通りだ。

 しかし、一つだけ気になることがあって、
そういう人もたまに変な愚痴を言ったりする。
例えば、
 公務員は悪いとか、学校教師は悪いとか、政治家は悪いとか銀行員は悪いとか。
しかも、ほとんど全部架空の公務員、架空の学校教師、
架空の政治家、架空の銀行員
についての愚痴なのです。
私の知っている方々には
公務員の方が5人、学校教師の方が10人、銀行員の方が13人
いますが、どの方とお話ししても明らかに突出してますよ。
ということで、
申し訳ないのですが、
これらの愚痴には同意しかねるので、以下に理由を述べます。
 一つには、上記の職業の人たちは
少なくともなんらかの選考を受けた人たちで、
少なくともいくらか勉強して、
少なくともどれだけかの熱意を持って、
仕事に就いた人たちだと私は考えます。
 しかし、そのような人たちでも長年の間に初心を忘れ、
自分の職業に対する意識が低下してしまうのだと思います。
 
 選考時にふつうの人よりも意識が高いひとたちがこんな有様なのに
もし意識の低い人たちがその仕事を続けているとどんなことになるでしょうか。
 例えば、政治家の人はある程度意識が高いから
あの程度の横領、献金で歯止めがきくのです。
 さらに例えば、私が政治家をやったらもっと横領します。
私が道路公団なら絶対談合します。
 
 幼稚園とかで、その人の立場になって考えなさいとよく言われました。
その人の立場になったらその人と同じことをする危険が
自分にも迫っていると思います。
 その自覚もない憂さ晴らしと愚痴は少しどうかなぁと思います。
ただ、こんなことを私が書いていることだって憂さ晴らしじゃないか!
という批判もあるかと思います。
その通りです。
ただ、私は自分が言っているのが単なる憂さ晴らしでしかないことに
気付いています。
その一点でこれらの人とは異なっていると考えています。
まぁ、ちょっとした愚痴にいきり立つこともないんですが。
まだ若いので、小生意気なことを申しました。
この書き込みはいろんな人を傷つけることになるかもしれないので、
不評が三票以上入ったら削除します。削除依頼はコメント欄へどうぞ。
P.S.「読んだ本は?」「フライドポテトに関する質問なので。」(by新人議員)

10/02/2005

そんなこと無いてー。

 内定式のため、一時帰国。
故郷とは遠きにありて思ふもの。
そして悲しく歌ふもの。
だっけか?今は近いところに故郷があります。
 新幹線で二時間。室生犀星のころに比べたら、
列島も改造されましたね。
 エイドリアンがロッキーって呼んだら
客席の角栄がドキッとする夢が見てみたい。

二月のはじめに内定を戴いたとき、
周りの人に言おうかって、
ちょっと悩んでいたこともあったな。
みんな必死なのにおまえ抜け駆けかよ!
みたいな空気が嫌で。
でもうち寮だから既にバレてるんだよ。
届くポストが一緒だから、
好きでストーカーしたり、嫌でも目に入ってしまったり。
 で、案の定次の日にはバレてて、
「ヤス王すごいね。早いね決まるの。」
とか言われて、受け応えに困った。決死の覚悟で
「そんなこと無いてー。(内定)」
とか、駄洒落言って気まずさを脱したりしてたなぁ。
逆に寒くなったけどね。(ヘケッ)
なつかしい。
 でも、私は公共団体の犬になりたいな。
結果よ、出ろ。駄目でもいいから。
P.S.「もうモリゾーと森総理に会えないの?(泣)」 (by万博の男の子)

夕日が静かに沈むころ

夕日が静かに沈むころ
優美な時は流れて消える
今日も太陽は、雲の衣をまとい
地上の全てを見透かす
人々は今、空の下に暮らし
百万の死と百万の誕生を営む
滑らかな光は此岸と彼岸を結び
逢魔が時に日は沈む

 とかね。書いてみたはいいけれど、あんまり良くないな。
ひとひねり足りない。
あと逢魔が時(おうまがとき)が奇をてらった感があってだめ。
自己評価15点。
批判批評辛辣な意見を求めます。

 今日は友達が面白いことをいっていたのを載せます。
阪神が優勝して川に飛び込む人が居て
困ってしまってワンワンワワン♪
と国家の犬の人たちが言っているのは皆さんご存じですよね。
 まぁ、犬より虎が強いのは当然なんですが、
機動隊が撤収した直後に隙みて何人か飛び込んだらしいんです。
三メートルの塀を越えて。ダイブ。
 これ怖いね、すごいね、とテレビみながら話していると、
「これ、川の上に丈夫で大きい発泡スチロール浮かせやいいことやん。」
 と彼はのたまいました。
「確かに!」
 水に浮くから水が増減しても影響ないし、
一日か二日なら日光遮っても問題ないだろう。
でも犬のお巡りさんはそこまで考えてないのかな。
あるいは考えていて何か問題があるのか。
P.S.今日は秋葉原に行ってきました。(by電車男)

10/01/2005

言葉のユートピア

 なんていう妄想チックなブログ名。いいのかな?
と迷いながら「まぁ、いいか。」と思ってみたり。
 ただ、
「言葉という形で私の痕跡を残してみたい。」
 と考えたわけです。
ということで、
このブログは言葉メインのサイトになるといいな、育つといいな。
もし、ならなかったらそのときは題名を変えて対処するとして。
 とりあえず、

こんにちは、日本語ができる範囲での世界の皆さん。(細かいぞ。)
新参者ですがお手柔らかにお願いします。

 ユートピア(utopia)は
オウou(≒no)とトポスtopos(≒place)の造語です。
日本語で言うと「どこにもない場所」みたいなことになるはずです。
あと、「人生は長い、このゴムのように。」
と言ってゴムぱっちんをする芸人さんもユートピアです。
前者で理解してもらえると幸いです。
 はぁ、このページを公開することが後悔にならなければいいが。
ともあれ、ウェブの海に航海するぞ。(ダジャレばっか。)
P.S.治安維持法に引っかからないように運営できたらいいな。(by志位)