言葉のユートピア

私ヤス王(小学校の時に作ったネガティブ漫画のキャラクター名)が、いろんなことを書きたい。残したい。笑わせたい。吟味したい。感動させたい。カンボジアの隣はタイ。という思いからできたのが本ブログです。ユートピアはギリシア語で「どこにもない場所」の意味。その地上の何処にもにない場所に言葉にのって行けるように日々、綴ります。

名前:
場所: Japan

大学四年生、文学部。

2/04/2007

昭和3年の本

僕の家から一番近い古本屋さんは,小学校のときから通学路の途上にある。その古本屋さんはいかにも古めかしい建物だったので一度も入ることはないままだった。先週散歩をしていてふと気にとまり,その古本屋に入った。もう読まれることの無くなった,漫画や雑誌や単行本が堆く積まれていて,背表紙すら見えないほど,過去の言葉達がひしめき合っていた。同時に絵も誰の目にもさらされることなく,ごく単純にそこに安置されていた。文化の墓場,屍だらけの本屋の中に,光るものを見つけようとする。僕は墓堀人夫なのかもしれない。死屍累々たる書籍の中で不毛な穴を掘り続ける人夫だ。その中に,薄汚れた漱石全集第一巻の『吾輩は猫である』と書いてある初版本を見つけた。ページは所々紙魚に食われており,点々と赤茶色の斑点が紙からにじみ出ている。店主のおばあさんは,終始これらの本が売れても売れなくても自分に関わりのないことだという態度を貫き,「単行本は全て300円,文庫本は3冊で200円」と愛想無く言った。漱石全集の初版本が高いのか安いのか私にはよく分からない。おそらく価値のないものなのだろう。本を愛さない人々が,本に対峙するときの冷淡な態度は,僕にとっては心地よい。なんといっても僕は物好きな墓堀人夫なのだから。その僕ですら,この本を正規に読もうとしているのではない。単純に,旧漢字体に隈無くふりがなが振ってあり,それが漢字の勉強の足しになると思ったから買ったまでだ。手に取る人により,書物は別の地平を開くことになるのだろう。そう考えながら,今僕はこの昭和3年の本を手に取る。80年近い年月が僕の空気の中に流れ込んでくる。時を超えるということはこんなにも新鮮なことなのだろうか。ページを開くときの埃でさえも愛しい。時を超えることはこんなにも疵つきやすく,温かいことなのだ。そして,いま,僕はタイプしているこの画面に違和感を覚える。ここに時間性はあるのだろうか。

5/07/2006

書くことは生きること、なんて。

私の趣味は考えたり読んだりすることなんだけど、
なんか、やっぱり一般と違うようだよ。

高校に行ったらもっと凄いことできるんだと思ったし、
文学部行ったら本気で言葉を愛せるのだと思っていたけど、
結局そんな世界はどこにもなかったよ。
ということで、降りたわけですが、

僕は自分が満足できるおもしれぇ文章書きたいだけ。
ちょーシンプルだけどなぜかできないから勉強してみた。
でも、四年かかって振り出しに戻っただけだ。

僕が愛せることを本気で愛する人たちがいつも少数派であったことは仕方無いとして、本読めば分かることをつらつら書くのも・・・。経験すれば分かることをあえて書くのも・・・。ということで、実際書くことなんて無いよ。奇をてらった事書いても気持ち悪いだけだし。

なんか、つまんないな。
見え透いていて。

考えてるふりしてみんな何も考えてないんだもん。

死までの制限時間のばしているだけな気がする。
「あー、よかった。僕に何も書けないことがばれなくて。」
とか、棺桶の中で魂が囁いてる。

自分の頭で考えたらもっといろんな表現出てくるはずなんじゃないの。

なんて言いながら、日本語からでられていないよ。

なんて、
そんなん当たり前じゃないか。
たくさん言語知ってりゃぁいいってもんじゃないし、
知らなすぎるのはただの馬鹿。

知ってて使いこなせば、世界の向こう側がちらりと見えるかどうかってところだろうか。

雨のとめどない音楽に暗闇が優しく囁いた夜に。

5/05/2006

純米酒

純米酒なら六合はいける。

これはたぶんお米に対する消化酵素はきちんと備わっているからだろう。

醸造アルコールを消化できないらしい、私の体。

消化できるものとできないもの、

曲解すれば、「天性」とは消化酵素のことかもしれない。

酵素がない人には、もともと消化する能力がないのだ。

自分の消化できるものをゆっくりと溶かしていくことって大事なじゃないかな。

まじめキャラが疲れる今日この頃。

もっとテキトーにいろんなこと言いたい。

嘘もホントもどっちでもいい。

なんて世界観いいなぁ。

生徒に嘘の大切さを教えたいわ。

消化不良をおこさせてでも。

仕事をうまくいかせる秘訣は?

と聞かれて、

「手を抜くところをあらかじめ決めておくことです。」

と、ハリウッドの昔の女優さんが言っていたそうだ。

しめるとこしめて、だすとこだす。

あらゆることの基本かもしれん。

矯正下着とか、お金の遣い方とか、人生とか。

4/15/2006

わからないことを洗い出す。

という手法があるそうで、
このおかげで生徒は本気で考え出した。

「~がわからない。」
「全体的に意味が分からない。」

のは、当然というスタンス。

「分からないことに気づくとことが、スタートラインなんだよ。」

なんて言ってみたら、4人の目が輝いていた。
あー、まずは分からなくていいんだという目。

いきなり答え、なんておかしいという単純なことが抜け落ちている時がある。
これは、戒めないと。

漢字一つ書けることになるだって小さな奇跡なのかもしれんのだ。

余裕なし

疾風怒濤のような一日がほとんど毎日続いていく。

ご飯を食べることから見直さないと体が動かない。

さて、私に何ができるかやってみよう。

4/02/2006

名前の洪水

何百人の名前を覚えることになるのか、この一年間で。

それらはすべて名付けられた命なのだ。

過去の理論から実践に入る。

http://yasuou.blogspot.com/2005/11/blog-post_19.html#links